プロフィール

Yumi

Author:Yumi
LaCucina海岸501へようこそ!
料理教室のいろいろはこちらをご覧ください。
イタリアの写真満載でお届けしてます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サルサフレスコ。

kaigan830.jpg

プチトマトで作ったソース。あんまり煮込まないでフレッシュなところをいただくので、サルサ・フレスコ。イタリアで「サルサ」と言えば、たいてい「トマトソース」のことです。バジルもたっぷり入れて作ります。
スポンサーサイト

ジェノヴェーゼ、バジルのソース。

kaigan828.jpg

いんげんのほうが多いパスタ。ジェノヴェーゼにはポテトが定番だと思っていたら、インゲンもいいんですって。シチリア風に、松の実ではなくピスタチオが入ってます。

Piatto unico、ピアット・ウニコ。

kaigan826.jpg

ピアット・ウニコ、ひと皿盛りです。トモコさんが作ってくれました。パルミジャーナ、トマトのパスタにイワシのベッカフィーコ(パン粉はさみ焼き)。遅い午後にいただいた、素敵なランチでした。

ペペロナータ。

kaigan824.jpg

パプリカを素揚げして、甘酢に漬けたもの。家にあったからポテトとなすも一緒につけてみたら美味しかったです。ポテト、意外な美味しさ☆油とお酢って相性がいいんですね。

パルミジャーナ。

kaigan822.jpg

ナスとトマトソース、パルミジャーノチーズを重ねて焼いたもの。ナスを揚げるのが手間ですが、これをしないと美味しくならないのです。カロリーも高いでしょうねぇ…でも美味しいからいいの。前菜だけでなく、メインとして食べる人もいます。

お米のサラダ

lkaigan 820

イタリアではお米と言えば、リゾットかサラダですね。夏場はサラダのほうが登場回数が多いかな。炊くのではなく、茹でます。そしていろんな具と混ぜて、オイル、酢などで味付けします。まるでちらし寿司のようなサラダです。

イタリア米で、チャーハン!

kaigan riso

イタリアのお米は、日本のに比べるとかなりパサパサしてます。粘り気がないというか。なので、炊き立ては美味しいけど、小1時間も経つとパラパラになります。なので、これをチャーハンにすると、だれでもとっても上手に美味しいパラパラチャーハンができます。刻んだ野菜もたっぷり入れて、ベジタリアンチャーハンをよく作ります。

スーパーで買ったバジルソースで。

kaigan genovese

料理したと言えるのか、どうか(汗)。スーパーで買ってきたバジルソースを使ってます。パスタをゆでるとき、ポテトも一緒にゆでて、ソースと絡めるのがコツ。イタリアでPasta Genoveseをオーダーすると、たいていこんなふうにして出てきます。

レモンの葉っぱのハンバーグ。

kaigan limone

大大だーい好きです。レモンの葉っぱのハンバーグ。つなぎもタマネギも入れず、しっかり赤身の牛ひき肉に、ペコリーノチーズとイタリアンパセリ。それをレモンの葉っぱでサンドして焼くだけ。レモンの香油がお肉にしみてサイコーに美味しいのです。

Tinaの夏野菜さっと煮

kaigan tina

タオルミーナで借りているアパートの大家さんTinaは、料理人なのでいろんなレシピを教えてくれます。こちらは忙しい日の夕ご飯レシピ。ナス、トマト、ズッキーニ、たまねぎなど夏野菜をたっぷり入れて、塩とオリーブオイルとバジルでさっと煮たもの。これにトマトサラダでも付け合わせて、パンとチーズがあれば普段の夏の食卓の出来上がり。シチリアの普通のおうちでは、こんなものを食べているのです。

ズッキーニのパン粉焼き

kaigan zucchinaですね

ズッキーニを縦半分に切って種をくりぬき、にんにくやアンチョビ入りのパン粉を詰めて焼いたもの。ズッキーニって見た目はキュウリっぽいけど、かぼちゃの仲間なんです。だから火を通して食べるもの・・・そっちのほうが100倍美味しいです。ちなみにイタリア語でカボチャはZucca。Zucchinaは小さいカボチャって意味です。複数形になってZucchineズッキーネ。なぜか日本ではズッキーニですね。

カポナータ・・・グリル焼き。

kaigan caponata

こちらのカポナータ、ガスレンジで煮込んだのではなく、オーブンで焼いてあります。トモコさんレシピです。トモコさんはご主人のニーノから、さまざまなシチリア料理を教わっています。そんなレシピをシチリア観光案内の本、『シチリアの風』にもいくつか紹介されています。ぜひ読んでみてくださいね。

馬車の御者が食べたというパスタ。

kaigan caroziere

車のない時代、人々の移動手段と言えば馬車。今でいえばタクシー運転手やトラック運転手でしょうか。彼らが仕事の合間にささっと作って食べたというパスタです。にんにく、ケーパー、たまねぎにたくさんのざく切りトマトが入って、スタミナたっぷり&簡単なパスタです。暑い日本の夏にもぜひどうぞ。ちなみにこちらはトモコさんが作った、小エビ入りのもの。豪華で美味しい~!!

シチリアのお菓子、カンノーロ・・・チョコクリーム。

kaigan cannolo cioco

リコッタクリームが伝統的ですが、チョコレートクリームが入ったものもあります。カスタードっぽいのもあるし、エクレアみたいな感じですねw。

シチリアのお菓子、カンノーロ・・・アグリジェント駅で。

kaigan cannolo

朝ごはんとしてだけでなく、歩き疲れた時にもこの甘さが良いですね。アグリジェントで遺跡巡りをしてグッタリ疲れたので、駅のBarでいただきました。クリームが冷えてて美味しい!

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。